その他便利機能

その他にも便利な機能がたくさん

1)入力・コピー・ドラッグ、新しい定型文も簡単登録

必要な定型文は、計画書作成中に簡単に登録できます。

また、登録しているマスタの内容をEXCELで参照できるCSV形式で出力できますので、
運用開始後の内容の精査も簡単に行えます。

2)定型文の利用により、マウス操作のみで資料作成

定型文は、初期設定で管理栄養士監修の定型文が登録されています。

さらに、施設に合わせた定型文が充実してくると、計画書へ簡単に入力していくことができます。

また、一度計画書を作成していると前回の内容を複写できるので、必要最低限の変更で計画書の作成が行えます。

3)指示箋発行機能

どのような検査を行い、どういった理由で、誰が指示を出して、加算を算定するのか。

その記録がこの一枚で確認できます。

「経口移行・経口維持計画(様式例)」だけでなく指示箋を合わせてご使用いただくことで、
監査だけでなく、入所者様の基本情報を共有しやすくなります。


4)ただ記録が残るだけじゃない!過去の記録から改善状況が一目でわかる独自機能!

経口維持加算を開始すると、6ヶ月を超えて継続算定するには、同意者のサインが必要です。

この資料は、6ヶ月分の食事観察の推移を確認できる帳票です。同意者に継続の必要性を
説明する際、どの部分が改善・悪化しているかが一目で分かり、ケアの必要性を
伝えやすくなります。

 

また、状態の推移が確認できるため、多職種間で注意するべき箇所を見つけやすくなります。


 

いかがでしょうか。

これらの便利機能が経口維持加算を算定するのにシステムを使用するべき理由です。