経口維持加算とは

経口維持加算とは

■摂食機能障害を有し誤嚥が認められる方を対象に、口から食事ができる状態を維持させる活動に対して、算定できる加算のことです。

○摂食機能障害とは
食べ物を飲み込むことに問題のある状況をいいます。

医師・歯科医師は、
・摂食(食物を摂ること)
・嚥下(飲み込むこと)
を分けて考えていますが、医療保険の世界では嚥下までを含めて摂食機能と呼んでいます。
 
○経口とは
口を通すこと。今回の場合は、口から食事をすることが該当します。